結婚観を、これから一気に紹介しよう。

移り気な恋愛がひとつの生き方になっている都市で培われた、リオッタの結婚観を、これから一気に紹介しよう。
夫婦が離婚する主な原因は、どちらかの浮気にある、と一般の人は思っているだろうね。
でも僕が扱う訴訟の大半についていうと、浮気そのものは結婚生活に終止符を打つ原因にはなっていないんだ。
結鯖生活が破綻するのは、夫婦関係が悪いからであって、浮気は一般に、そうでなくても恨なわれていた夫婦関係がもたらす、ひとつの兆候にすぎない。
僕のオフィスにやってくる大勢の男性や女性は、こんなふうにいう。
「過去五年間、一○年間、あるいは一五年間、結婚生活は最悪の状態が続いています。
いま私は別の人と恋愛をしているのですが、それがきっかけで、何とかしなくてはならない、という気持ちになりました」。
つまり、もう一度いうけど、浮気のせいじゃないんだ。
問題はずっと、結婚生活全体にあったということなんだよ。
僕が初めて離婚問題を扱った一九七五年は、ちょうど「離婚革命」が始まったばかりのころだった。
結鯖事情が変化したことに、大きなショックを受けた記憶がある。
女の人がオフィスにやってきたんだ。
三○代後半と思しき、非常に魅力的で、すてきな服を着た起業家だった。
彼女は淡々としたようすで「いまの夫との結婚生活があまり好きではありません。
結婚相談所 大阪 で出会った好きな人が別にいるので、離婚したいのです」という。
離婚した後、彼女は僕に電話をよこして、こういった。
「これまで生きてきて、いまが一番幸せです。あのときの恋人とは結婚していません。私は自分で会社を経営し、快適な生活を送っています」。
そのとき僕は初めて.「私は自分の人生を手に入れた。自分で生きていく能力を身につけた」という女性を見たんだ。
幸いなことに、彼女には子供がいなかった。
オフィスにやってくる人で、半年に一回、あるいは一年に一回だけ夜の営みをする、それもお鏡理で、という人たちは多い。よく聞く話なんだ。
そうして、どちらかが浮気を始める。いまでも鷺かされるのは、コミュニケーションのない夫婦が多いことだね。
それは本当に、まったく話をしない、という意味だよ。彼らはもう一方が先週何をしていたか、ということすら知らない。夫は毎晩八時に帰宅し、朝八時になると出かける。妻は夫が何をして、だれと会ったかなんて、何ひとつ知らない。文字どおり、彼らは「おはよう」と「おやすみ」しかいわない、ただそれだけなんだ。目新しい話というのは、ほとんどないね。
新しいクライアントをここで迎えるときに、僕はさもありなんとうなずいて、「そう、そう、そんな話は前にも聞いたことがあるよ」という受け答えをしたいわけじゃない。でも、実際そのとおりなんだ。
夫剛は会諦をせず、親密さもなく、当然夜の営みもない。
これらは結婚生活を破壊するものだ。
あるいは、一方が噛待をする、いつも批判ばかりする、子供の目の前でヒステリックに叫ぶので、一緒に暮らすことに基本的な嫌悪を感じる、といった夫婦関係もあるかもしれない。
そういった場合は、どちらかが何らかの行動に出れば、大きな安心感が生まれる。
そうかと思えば、晩年の離婚も目にする。
七○代で、五○年も結婚生活を続けてきた人たちだ。
彼らには孫もいる。
よくあるのは、夫と妻が別々に生活を送り、別々に休暇を楽しみ、おそらくはどちらかに浮気相手もいる、というケースだね。
彼らはやってきて、こういうんだ。
「この人との生活で、私は数十年間ずっとみじめな思いをしてきました。私の人生はあと一○年しか残っていないというのに、彼または彼女との結婚生活を続けなくちゃならない理由がどこにあるんですか?」と

EC200_L

結婚生活が破綻するのは、夫婦関係が悪いから

弁護士のロバート・リオッタは、結婚相手から十分な愛情を注がれていないという夫や妻の不平不満を、これまで二五年にわたって聞き続けてきた。
彼はこのような話を耳にタコができるほど聞かされてきたが、ベアトリスやケイトとはちがって、そうした話をするのは、それにもうがまんできないから、そして別れたいと思っているから、彼のオフィスに来た人たちだ。
浮気や虐待といった原因がある場合は別として、離婚が珍しかった時代から、双方に落ち度がなく、大した原因もないのに、だれもが離婚しうる時代へと移り変わるさまを、リオッタは自分の仕事をつうじて目にしてきた。

リオッタがいままで扱った離婚訴訟には、ワシントンのメディアや政治の世界で最も有名な離婚もいくつか含まれている。
たとえば、ノラ・エプロンとカール・バーンスタインや、上院議員ヒラリー・クリントンの兄で、上院議員バーバラ・ボクサーの娘ニコル・ボクサーと結婚したトニー・ロッダムのケースだ。
また、判決の先例を作ったメリーランド州の訴訟でも、彼は弁護士を務めた。

人工授精で授かった子供の養育権と訪問権を、前に同居していた恋人から要求された裁判で、レズビアンの母親の弁護に成功したのだ。
アーティストのバーバラ・ジョゼフス・リオッタと結婚して一七年になる彼は、一五歳と一三歳になるふたりの息子の父親である。
仕事場ではいつも、崩れそうな夫婦関係に没頭しているせいで、自分自身の夫婦関係が健全かどうかに鋭く注意を払おうと、彼は強く思うようになった。
彼はいう。「クライアントの話を聞いて、自分はこれと同じ失敗を絶対にしないでおこうと思うんです」イタリア系アメリカ人としてニュージャージー州で育った彼は、率直で、早口で、仕事に情熱を持つている。
私が結婚相談所 比較 で出会った友人はうまくいってるみたいですけどね^^

洗濯用洗剤は、「好き」より「惚れて」選ぶ

もし洗濯を、ディズニーランド級に楽しみにする方法が、あるとすれば、それは洗剤に惚れること。
思い切って、お金も使っちゃいましょう。
使うといっても、そこは洗剤。
飲みに行くよりは安いはずです。
「好きな洗剤」レベルでは、毎日のお洗濯が、リラクゼーションタイムにはなりません。
もう、この洗剤の香りに、パッケージに、理念に「惚れた」。
私、洗剤と駆け落ちしちゃいたいんです級の、勢いが欲しいところです。
出会い系 サクラいない で出会った異性にもそれくらいの惚れてみたいものです(笑)

ネットオークションにアクセスすると、洗濯用洗剤にこだわっている人の多さに、驚かされることがあります。
私が見つけたのは、沖縄地区だけで販売されている、アメリカの液体洗濯洗剤でした。
沖縄からの発送で、送料が心配になってしまいますが、「それでも欲しい」と言うファンが、ぞくぞくと入札しています。
洗剤は、真っ赤なボトルにトロピカルフルーツの絵がにぎやかに描かれ、まるでフルーツジュースのよう。
出品者の商品説明には、「ほんっとうに、いいにおいですよね。
トロピカルマンゴーの、あまい香り」と、嬉しそうに書いてあります。
なるほど、そんな洗剤は、見たことがありません。
なんだか夢が、あるんです。
その洗剤のおかげで、洗濯するのが楽しくなったから、また買いたい。
いいにおいが、忘れられない。
そう思った人たちが、たくさんいたのだろうと思います。
インセンスに火をつけたくて、掃除機をかける。
洗剤を使うのが楽しみだから、洗濯がしたくなる。
好きなものに囲まれていると、家事も「遊び」のひとつになり、ワクワクするようになってきます。
私と同い年のお友だちで、環境にやさしいエコな洗濯用洗剤に、毎月5000円投資している人がいます。
彼女が洗剤の話をはじめると、長いです。
そしてその目は、ウットリしています。
いつぽう私は、世界中でさまざまな受賞に輝いた、鳴り物入りの洗濯用液体洗剤と、このたび心中いたしました。
もう、洗濯物を干すときに漂う、あの天然ラベンダーのかおりなしの生活は、考えられません。
あなたはどんな洗濯用洗剤を、使っていますか?
EC022_L

リラックスタイム

EC159_L

明かりひとつで、世界が変わる

リラックスタイムに、部屋の電気を消し、蝋燭をつけてみましょう。
オレンジ色の灯りに包まれていると、余計な緊張が、ほどけてゆくのがわかります。
蝋燭の明かりだけがともる、オレンジ色の部屋。
なかなかな空間になりました。
さあ、あなたはその部屋で、なにをしてくつろぎますか?そんなとき、「初恋モード」でレッスンした、「テレビよりラジオ」の、理由がわかってきます。
テレビを消すと、いろんなリラクゼーションが、可能になります。
ラジオに加え、インセンスを焚くことだってできる。
部屋がほの暗いと、香りがより、際立ってくる感じがします。
最近は、インテリアフレグランスの商品も多様化し、蝋燭と香りが合体したものまで、出て来ました。
そう、アロマキャンドルです。
いずれにしても、火の扱いには気をつけてください。
眠るつもりがなくても、つい気持ちよくなって、ベッドに横になってしまうのは、危険です。

出会い系アプリ で出会った男性と一夜を共にしておねえさまの恋の炎で、目覚めたら部屋は全焼、なんてことのないように。
自信がない人は、水を張った洗面器の中心に、ティーカップを置いて、蝋燭を立ててみるとよいでしょう。
安全だし、面白いアロマキャンドルの愉しみ方です。
ゆらゆらとした炎の揺らぎが、水面に反射し、天井に不思議な模様を描きます。
EC159_L

気分のリフレッシュに有効

EC143_L

掃除の後の、インセンスインセンス(お香)は、気分のリフレッシュに有効です。
私は、掃除機をかけたあと、儀式のようにインセンスに火をつけます。
香りは、その日の気分によって替えていますが、リラックスさせてくれる、タンジェリン(オレンジ)が、お気に入りです。
おかげで、めんどうくさがりの私も、掃除が楽しみになりました。
そのあと待っている紅茶タイム、そしてお友だちとの、メールタィム。
掃除が苦手なおねえさまは、こんなふうに、掃除という苦行の先に、どんどん矢印をひっぱって、楽しいことにつなげていくと、いいかもしれません。
インセンスを焚くと、そのあと5.6時間は、部屋に残り香が漂います。
お部屋のにおい消しに、消臭剤を使うより、環境にもやさしくていいですよね。
ラベンダーやローズといった香りは、女性的でやさしいイメージなので、で出会った男子を部屋に呼んだときにも、好感度が上がりそう。
ローズといえば、古代ギリシャの美女、クレオパトラが好んで愛用していた というエピソードもあります。
薔薇の香水風呂に入ったり、香油をせっせと身体に擦り込んでいたようです。
クレオパトラは、客人をもてなすときにも、さまざまな香りのインセンスを焚いていたそうですから、香りを愉しむ生活は、モテおねえさまのリセット方法として、ぜひ取り入れていただきたいものです。
ショップに行くと、ハーブガーデンや、ココナッツ、ストロベリー、バンブー、レィニームスク、などなど、種類の多さに目移り、いや鼻移りしてしまいそうになります。
いろいろ試してみてください。
くれぐれも、「初恋モードになる」項目の香水レッスンと、インセンス選びを同時にやらないように。
自分の香水がちゃんと決まってから、愉しみましょう。
香水は、外出時につけるもの。
お部屋ではインセンスが、香りのお友だちですよ。


EC143_L