リラックスタイム

EC159_L
明かりひとつで、世界が変わる

リラックスタイムに、部屋の電気を消し、蝋燭をつけてみましょう。
オレンジ色の灯りに包まれていると、余計な緊張が、ほどけてゆくのがわかります。
蝋燭の明かりだけがともる、オレンジ色の部屋。
なかなかな空間になりました。
さあ、あなたはその部屋で、なにをしてくつろぎますか?そんなとき、「初恋モード」でレッスンした、「テレビよりラジオ」の、理由がわかってきます。
テレビを消すと、いろんなリラクゼーションが、可能になります。
ラジオに加え、インセンスを焚くことだってできる。
部屋がほの暗いと、香りがより、際立ってくる感じがします。
最近は、インテリアフレグランスの商品も多様化し、蝋燭と香りが合体したものまで、出て来ました。
そう、アロマキャンドルです。
いずれにしても、火の扱いには気をつけてください。
眠るつもりがなくても、つい気持ちよくなって、ベッドに横になってしまうのは、危険です。

出会った男性と一夜を共にしておねえさまの恋の炎で、目覚めたら部屋は全焼、なんてことのないように。
自信がない人は、水を張った洗面器の中心に、ティーカップを置いて、蝋燭を立ててみるとよいでしょう。
安全だし、面白いアロマキャンドルの愉しみ方です。
ゆらゆらとした炎の揺らぎが、水面に反射し、天井に不思議な模様を描きます。

自分の香水がちゃんと決まってから、愉しみましょう。
香水は、外出時につけるもの。
お部屋ではインセンスが、香りのお友だちですよ。

参考: