気分のリフレッシュに有効

EC143_L
掃除の後の、インセンスインセンス(お香)は、気分のリフレッシュに有効です。
私は、掃除機をかけたあと、儀式のようにインセンスに火をつけます。
香りは、その日の気分によって替えていますが、リラックスさせてくれる、タンジェリン(オレンジ)が、お気に入りです。
おかげで、めんどうくさがりの私も、掃除が楽しみになりました。
そのあと待っている紅茶タイム、そしてお友だちとの、メールタィム。
掃除が苦手なおねえさまは、こんなふうに、掃除という苦行の先に、どんどん矢印をひっぱって、楽しいことにつなげていくと、いいかもしれません。
インセンスを焚くと、そのあと5.6時間は、部屋に残り香が漂います。
お部屋のにおい消しに、消臭剤を使うより、環境にもやさしくていいですよね。
ラベンダーやローズといった香りは、女性的でやさしいイメージなので、出会った男子を部屋に呼んだときにも、好感度が上がりそう。
ローズといえば、古代ギリシャの美女、クレオパトラが好んで愛用していた というエピソードもあります。
薔薇の香水風呂に入ったり、香油をせっせと身体に擦り込んでいたようです。
クレオパトラは、客人をもてなすときにも、さまざまな香りのインセンスを焚いていたそうですから、香りを愉しむ生活は、モテおねえさまのリセット方法として、ぜひ取り入れていただきたいものです。
ショップに行くと、ハーブガーデンや、ココナッツ、ストロベリー、バンブー、レィニームスク、などなど、種類の多さに目移り、いや鼻移りしてしまいそうになります。
いろいろ試してみてください。
くれぐれも、「初恋モードになる」項目の香水レッスンと、インセンス選びを同時にやらないように。

出典:安心 出会系